補助金を活用した産業用蓄電池の導入事例

防災設備管理担当の皆様必見!蓄電池の導入補助金の活用事例

災害時の停電・BCP対策のための設備導入に有用な補助金を活用した産業用蓄電池の導入事例をご紹介します。補助金を活用することで、設備導入コストを下げることが出来ます。また、非常用電源設備を省エネ対策も兼ね備えたものにすることで「平常時」の電力コストを削減して導入費用を補えることになります。

産業用蓄電システムと太陽光発電のソリューション

補助金を活用した産業用蓄電池の導入事例

「地域介護・福祉空間整備等設備整備交付金」を活用した蓄電システムの導入例

特別養護老人ホーム様から『地域介護・福祉空間整備等設備整備交付金』の申請と適用を念頭に置き、非常用自家発電設備整備の導入をご検討。施設がオール電化のため、BCP・停電対策として太陽光発電と産業用蓄電システム導入のご相談をいただきました。

導入先施設と施設の分類

スワイプしてご覧いただけます。

法人 社会福祉法人
分類 特別養護老人ホーム(ショートステイ/デイサービス)
建物 平成16年開設/4階建て
部屋数 60部屋

蓄電池で災害時の停電対策

電力バックアップの目的(特別養護老人ホーム様の場合)

非常用自家発電設備整備の導入をご相談された目的は、停電時における入居者への食事提供が主目的とのこと。まず厨房設備のバックアップを最優先に考慮。厨房設備以外には、三相電源の加圧給水ポンプの井戸水と上水用の2種をバックアップ。エレベーターは各フロア入居者の避難場所への移動用途として選定されました。

バックアップ機器(特定負荷)

スワイプしてご覧いただけます。

機器名 ポンプ/食洗器/IH機器/炊飯器/冷蔵庫/冷凍庫/照明/エレベーター
蓄電池で災害時の停電対策

導入設備

PVパネル + パワーコンディショナー + 蓄電システムを屋上に設置

導入設備

スワイプしてご覧いただけます。

太陽光パネル〈30kW〉+ 産業用蓄電システム〈73.7kWh〉× 2台

産業用蓄電システム『BLP』は屋外設置型。ステンレス筐体、IP54相当の防水・防塵性を備え、別筐体不要で屋外設置可能なコンパクトなサイズ設計。省スペースでの設置が可能です。電池筐体とパワーコンディショナーを一体化したコンパクトなシステムのため、省スペース・低コスト・短期間での導入が可能です。

導入設備

施工イメージ

産業用蓄電システム+太陽光発電でのソリューション

「地域介護・福祉空間整備等設備整備交付金」を活用した蓄電システムの導入例

施工画像|蓄電池の導入補助金について
施工画像|蓄電池の導入補助金について
施工画像|蓄電池の導入補助金について
施工画像|蓄電池の導入補助金について
施工画像|蓄電池の導入補助金について
施工画像|蓄電池の導入補助金について

適用された補助金

地域介護・福祉空間整備等設備整備交付金

非常用自家発電設備整備の目的を満たす、蓄電池システムと再エネ設備の導入の対象と認められ、補助事業・補助率 3/4が適用されました。

適用された補助金

スワイプしてご覧いただけます。

補助名称 地域介護・福祉空間整備等施設整備交付金及び地域介護・福祉空間整備推進交付金
所管 厚生労働省
地域介護・福祉空間整備等施設整備交付金及び地域介護・福祉空間整備推進交付金
補助金について

スワイプしてご覧いただけます。

●地域介護・福祉空間整備等設備整備交付金
出典(JUDGEIT!)/参考URL:https://judgit.net/projects/676(外部リンク)

介護事業所で業務継続計画策定が義務化へ

●令和3年度介護報酬改定における改定事項について(業務継続に向けた取組の強化)
感染症や自然災害の脅威が増していることを受けて、2021年4月の介護報酬改定では介護サービスの類型に応じた業務継続計画(BCP)策定とそれに基づいた研修・訓練の実施が全事業者に義務付けられます。(※3年間の経過措置期間を設ける)〈■令和3年度介護報酬改定について(出典:厚生労働省/外部リンク)〉

今が再エネ設備と蓄電池の導入を検討するタイミングです

災害時に速やかに業務継続計画を実行するためにも最低限のインフラを確保しておく必要があります。その中でも長時間の停電に対応できる、非常時の電源確保が重要視されています。業務継続計画策定の「要」として、再エネ設備と産業用蓄電池の組み合わせは「災害対策」として非常に有効です。停電が長引いた場合でも復旧するまで自家発電と蓄電池で対応することが可能になります。

蓄電池の導入補助金について詳しい事例は産業用蓄電システム〈BLP〉製品特設サイトへ

防災・非常時の停電に備える大容量・コンパクトな産業用蓄電池〈BLP〉製品特設サイトへ

防災設備管理担当の皆様へ

こんなことで困りではないですか?

  • ●電気代(固定費)を削減したい
  • ●太陽光発電の売電価格が低下してきた
  • ●太陽光発電の余剰電力を活用できていない
  • ●長時間の停電に対応できる非常時の電源確保の備え
蓄電池導入のポイントとは蓄電池導入のポイントとは
こんなことで困りではないですか?

補助金等の活用もご相談ください!

補助金・助成金は、各省庁や地方自治体が独自に提供しており、政策に応じて新たなものが出てきています。蓄電池導入検討の際には、是非弊社までお気軽にご相談ください。

設備導入の補助金の一例設備導入の補助金の一例
補助金等の活用もご相談ください

蓄電池が防災力強化に貢献

産業用蓄電池と太陽光発電の連携

地域の防災体制の整備・連携も不可欠

防災拠点へ蓄電システムを設置することで、地域の防災力強化が図れます。

災害直後は道路の寸断、流通の乱れによる物資不足などで孤立化の可能性があります。概ね72時間(3日間)の事業継続の手段として、非常用電源設備導入の検討を本格的に進めている地方自治体、介護施設などが増えています。年々深刻化する自然災害に備え、地域の防災拠点になる役割を担うことも期待されていますが、未整備であったり、設備を持っていても自らが被災してしまうと、その役割を果たすことが困難に。こういった背景から長時間の停電に対応できる非常時の電源確保が重要視されています。

災害時に防災拠点や避難所となりうる場所でのBCP対策に蓄電池による電源確保を

学校や公民館だけでなく福祉施設なども避難所となりうる可能性が高く、災害時の対策として再エネ設備と蓄電池の導入を検討される施設が増えてきています。補助金を上手く活用できれば、非常用自家発電設備整備の導入コストを下げることが出来ます。いつ起こるか分からない自然災害による停電の備えとして、非常用自家発電設備整備の導入を検討してみませんか?

産業用蓄電システム『BLP』なら三相電源機器もバックアップ可

蓄電容量73.7kWh/定格出力30kWと大容量・高出力の産業用蓄電池

産業用蓄電システム『BLP』は出力30kWで三相電源に電気を供給できるため、給水ポンプ、業務用冷蔵庫やエレベーターなどの動力機器を動かすことが可能です。これらの機器の多くが災害時でも電気供給を求められる重要な機器であるため、停電時のバックアップ電源の確保が重要です。

補助金には期限があります。
活用される際にはお早めに導入をご検討ください。

補助金を上手く活用すれば非常用の自家発電設備の導入コストが下がります!

補助金の詳細は各省庁などのホームページをご確認ください。補助金を活用できれば、設備の導入コストを下げることができます。補助金・助成金は各省庁や地方自治体が独自に提供しており、政策に応じて新たなものが出てきています。補助金を活用して非常用電源設備導入をご検討の際には、弊社コネックスシステムズにぜひご相談ください。