中型業務用・産業用蓄電システムBleuPOWER™

防災・減災・非常時の停電に備える大容量・コンパクトな蓄電システム

大容量なのにコンパクト!非常時の電力確保と日常的な自家消費の両立を実現。BCP対策や環境負荷の低減と地域貢献に資するBIND Battery®システム搭載の中型 防災・減災用 業務用・産業用蓄電システム。

備えはできていますか?

いつ起こるか分からない自然災害による停電の備えは万全ですか?病院や地方自治体、保育・介護施設など災害時の拠点となる施設から蓄電池の需要が増えています。蓄電池を導入することで学校・避難所・道の駅など地域の防災・減災の備えを実現することができます。また企業のオフィスや、工場や倉庫、マンション・大型商用施設・酪農・畜産農家などの機能維持対策など、非常時の電源確保に貢献します。

地域の防災力強化対策の一環として

(ナショナル・レジリエンス)防災拠点へ設置することにより、地域の防災力強化が図れます。自動販売機ほどのコンパクトサイズに設計されており、省スペースにて設置可能です。弊社の特許技術であるBIND Battery®を採用、寒冷地域など過酷な環境下でも十分な放電容量を維持できる優れた低温性能を持っています。

コストダウン・環境負荷の軽減

企業の省エネ対策として非常に効果的で、電気料金の削減にも寄与します。高出力、大容量の蓄電システムで安心の停電対策。定格出力30kW、蓄電容量108kWhのハイスペックなシステムをリーズナブルに実現し、商用施設や各種産業装置のバックアップに最適です。

マンション・オフィスの機能維持(BCP対策)

三相3線式30kWの出力で給水ポンプなどの動力機器にも使用いただける他、変圧器を入れることで照明、テレビ、空調などの単相機器を活かし、業務用冷蔵庫や産業用ポンプをバックアップすることも可能。また100kWhの大容量の蓄電システムなので、長引く停電にも安心して電力を供給します。

特長

毎日の節電にも貢献する中型業務用・産業用蓄電システム

『BleuPOWER™』には、リチウムイオン電池と鉛電池から成るBIND Battery®システムを採用。長寿命、高エネルギー密度というリチウムイオン電池の特性に加えて、リチウムイオン電池と鉛電池との相互自律制御による、極めて高い安全性と、優れた低温特性を併せ持った業務用蓄電システムを実現。

また、PCSと電池筐体を一体化したコンパクトな屋外設置型で、省スペース化に貢献。リチウムイオン電池ユニットと鉛電池ユニットは独立させ、鉛電池ユニットを増設可能とすることで、非常時に必要な容量は、必要な分だけリーズナブルに増量できるBCP用途に最適なシステムです。

BIND Battery®搭載

特許
日本特許:JP5373999B2/
欧州特許:EP2768071(B1)/
米国特許:US9385543B2

BIND Battery® は、異なる種類の蓄電池を並列接続で一体化し、それぞれの電池の特長を最大限に生かし、最適化する画期的なハイブリッド蓄電技術です。『BleuPOWER™』に搭載されているBIND Battery®は、リチウムイオン電池と鉛電池で構成されており、極めて高い安全性と、優れた低温特性を特長とした、安全、安心、頑健なバッテリーユニットとなっています。

日米欧特許取得

優れた低温性能

極めて高い安全性

高い拡張性

安価な鉛電池ユニット増設で蓄電容量アップが可能

屋外設置型

筐体収納が不要なコンパクトサイズの屋外設置型

クリーンエネルギーの活用

太陽光発電との連系でCO2の削減環境に配慮しながら企業の価値を向上

事業継続計画の推進

自然災害から人の命や財産を守る自然災害を乗り越えて事業を継続する

防災・減災の備え

災害被害を少なくする「自助」・「共助」、地域社会のインフラとして安全・安心の拠点に

SDGsの推進

SDGs(持続可能な開発目標)の取り組みで目標達成貢献および企業の価値向上に寄与

ピークカット

最も使用電力の多い時間帯の電力を削減。最大デマンドを下げることで基本料金を下げる

ピークシフト

電気をあまり使わない時間帯に電気を貯めて電気を多く使う時間帯に使用

仕様

●仕様は開発中のものです。量産時には変更になる可能性があります。

スワイプしてご覧いただけます。

組み合わせ品番 BB1000HN
構成部材 本体〈LB0700HN〉1台+Pb BOX〈PU0300HN〉1台
定格出力 30kW
電池容量 108.2kWh
質量 約3100kg
使用場所 屋内 及び 屋外
動作温度 ‐20℃~40℃
標高 2,000m以下

本体仕様

スワイプしてご覧いただけます。

型番 LB0700HN
適合蓄電容量 73.7kWh
定格入力 AC三相3線 202V(系統入力)50kW
出力
  • 系統連系時(系統出力)30kW
  • 系統連系時(特定負荷出力)30kVA
  • 自立運転時(特定負荷出力)30kVA
主な機能
  1. 1.系統連系運転(平常時):構内系統への給電や系統からの充電を行う
  2. 2.自立運転(停電時):自動的に自立運転に切り替わり、特定機器への給電を行う
  3. 3.自立運転時太陽光パワコンと連携可能:充電能力20kW
  4. 4.遠隔監視・エラー通報機能(平常時、停電時)通信機能(LAN)により、データセンターデータセンターに設置されるサーバとの間を通信回線で接続し、蓄電システムの異常等の状態を通知する機能を有する
主な制御
  • ・ピークシフト制御:系統連系運転時-スケジュール設定による時間帯別一定電力出力制御
  • ・ピークカット制御:系統連系運転時-ピークカット電力設定による出力電力制御
  • ・デマンド制御:系統連系運転時-上位サーバからの制御信号による充放電制御(※1)
  • ・BCP用途:自立運転時-負荷連動制御
蓄電池/種類 リン酸鉄リチウムイオン電池
蓄電池/蓄電容量 73.7kWh ※消防予防条例の4800Ahセル以上の容量となり、設置場所の所轄消防署への届出が必要
外形寸法 W1440mm x D1163mm x H1858mm (突起を含まず)
質量 約1650kg(蓄電池含む)

(※1)専用コントローラーの開発が別途必要です。

増設ユニット

スワイプしてご覧いただけます。

型番 PU0300HN
種類 鉛電池
蓄電容量 34.5kWh
外形寸法 W1440mmxD903mmxH1858mm(突起を含まず)
質量 約1450kg
  • ●仕様は開発中のものです。量産時には変更になる可能性があります。
  • ●電池容量は、 変換効率等を考慮した値ではありません。
  • ●製品の仕様については予告なく変更される場合があります。
  • ●保証は基本的な充放電機能の保証であり、電池容量を保証するものではありません。
  • ●太陽光発電等からの充電はオプションで可能です。
  • ●本来の用途以外に使用しないでください。
  • ●本製品は日本国内専用です。
  • ●規定容量以上の負荷の接続は、正常な動作を保証できません。必ず規定容量以下でご使用ください。
  • ●停電時は自動で蓄電池からの給電に切り替わりますが、その際一部機器についてリセットされるなど正常に動作しない可能性があります。
  • ●本製品は日本国内専用です。
  • ●規定容量以上の負荷の接続は、正常な動作を保証できません。必ず規定容量以下でご使用ください。